コンテンツへスキップ

私が初めて理容院で白髪染めをお願いしたのは、30代後半の頃でした。比較的若い年齢から白髪で悩んでいるほとんどの人がそうであるように、鬢の部分や生え際の部分に集中的に生えてくる白髪はその人を全体的に老けた印象にしてしまいます。私も鬢や生え際の白髪が気になって白髪染めを始めましたが、理容院での白髪染めは髪の毛全体を染めるので時間もお金もかかりました。それでも白髪染めをすることによって白髪があるときよりも若々しい印象になることも確かでした。

それから20年近くに渡って理容院での白髪染めを継続していますが、ここ数年で白髪だけでない悩みも出てきました。それはまだ薄毛とまで言えないものの、頭髪全体の傾向として髪の毛のボリュームが減ってきたり、髪の毛の太さが細くなって来ていることです。このままではそれほど時間がかからないうちに薄毛の状態になってしまうことはほぼ確実と言っていいでしょう。もちろん、薄毛になっていくのを手をこまねいて放置しているだけでなく、育毛などを実践していますがそこで気になるのが白髪染めによる髪の毛と頭皮へのダメージなのです。

白髪染めはヘアーカラーのような強い毛染め剤を利用しているわけではないと聞いていますが、それでも髪の毛や頭皮に対するダメージがないわけではありません。白髪がいいのか、薄毛がいいのか二者択一を迫られているようです。年齢的にも白髪があってもそれほど老けた印象にはならなくなってきているのも事実でしょう。つまり白髪染めを卒業しても、大きな違和感を感じることはないと思われます。ただ20年にも渡って続けていた白髪染めですから、急に止めてしまうということにも決断がつかない状態なのです。

もうしばらくは白髪染めを継続しようとは思っています。しかし、そう遠くない将来に白髪染めを卒業することになるでしょう。

私は、すっごいくせ毛です。当然のことですが生まれた時からずっとこの髪の毛とつきあってきましたが、直毛の人が羨ましくて羨ましくて仕方ありません。朝起きて、髪の毛が爆発しているときの不幸ってありますよね。くせ毛だと、ほぼ毎日爆発です。髪をくくっても、チリチリあほ毛が不潔に見えるんです。

くせ毛で一番困ることと言えば、この不潔感です。まっすぐの人だったら、後ろでくくっているだけで清潔に見えますが、くせ毛は、とにかくチリチリあほ毛が、あっちこっちから顔をだすのでみっともないんですよね。で、ワックスなどであほ毛対策をするんですが、そうすると今度は、ガチっとしてしまってなんだか、お固い印象になってしまいます。遊びがないんですよ。女性って、後れ毛が魅力だったりするじゃないですか。後れ毛なんて、サラ~っとしているからいいのであって、チリチリあほ毛じゃぜんぜん魅力的じゃありません。

ストレートパーマは1週間で無駄になります。縮毛矯正で1ヶ月ですね。縮毛矯正を1か月に1回もかけていると、ものすごく髪が傷みますので、余計に不潔になります。そして何より、すっごいお金がかかりますよ。高いんです縮毛矯正!天然パーマなんだから、パーマ代いらないでしょって言われるんですけど、右と左と違う方を向いているので、ちっともきれいではないし、チリチリしているので、可愛くないんです。サラ~っとした髪の毛がいいです。私も、何を血迷ったのかパーマをかけたことがあります。1度だけ。でも、1週間したら元のくせが勝って、元の木阿弥。お金無駄にしたわ~って思いました。

くせ毛だと、髪が膨らんでこまるのですが、私の場合、髪の量もすごく多いんです。だから、すんごい頭が大きくなるんですよ。これって、損だと思います!世の中小顔ブームじゃないですか、髪の毛で頭がでかくなるって、そんなの損すぎです。

とりあえず、今は、髪を伸ばしてできるだけまとめるようにしています。お風呂上りに、濡れたままストレートアイロンでがっちり伸ばして毛先だけ巻いて寝るんです。なんで、こんなにお世話にかかる髪の毛なんでしょ。

でも、最近、更年期をすぎてよかったことが1つだけあります。みんな、髪の毛が細くなったり薄くなったりするんですけど、私は、もともと髪が多かったので、ちょうどそのあたりはよくなりました。

みんなボリュームが出なくて困っていますが、私は大丈夫。それだけが救いの髪の毛ですね。

1


私の髪の毛は、太くて固くて量が多くてくせ毛です。美容院をいくら変えても、どの美容師さんにも髪の量がすごく多いねと言われて恥ずかしいし、髪を乾かすのも一苦労で時間がかなりかかるため、3段階にピンで留めながら、美容師さん2人がかりで乾かしているのを見て申し訳なく感じます。

自宅で市販のストレートパーマ液を試した際には、髪の量が多すぎて1つでは足りず、余るのに1度で2つ使用しなければ足らなかったです。それからは美容院で半年に1度矯正のストレートパーマをかけていますが、髪を乾かすだけでも時間がかかるのに、ヘアアイロンで3段階にピン留めしながら、うねって多い髪をまっすぐに伸ばすだけでも人の倍時間がかかるので、私がストレートパーマを実行後は、2人の美容師さんが疲れているのが目で見て取れることが嫌です。ストレートパーマは2万円ほどかかるので、コスト的にも痛い出費です。

ストレートパーマをかけて毎日ヘアアイロンで伸ばしているため髪の毛が傷みやすいです。トリートメントも量を多く使うのですぐに消費してしまいます。髪の毛を短くしたくても、雨の時期はうねるし広がりすぎて大爆発を起こすので、結んでごまかすために結べる長さ以下には短くできないです。髪の毛を美容院ですいてもらっても復活が早いので、自宅で頻繁にスキばさみで量を減らすようにしています。髪を濡らしたら元に戻るため、温泉やプールや海などの濡れる場所へは、行きたいけれど行くのを極力避けています。

最も辛いのは、髪の毛の少なさに悩む人はいても、髪の毛の量が多いことで悩む人は少ないことです。特に年をとって髪が細く少なくなっている母や祖母にはこの辛さが理解されず、髪の毛の量が多くて羨ましいと言われることがストレスです。サラサラのストレートヘアが男性にモテル要因だと聞きますが、私には難しそうです。髪の量が多いと全体的に重苦しい見た目になるため、ヘアスタイルを雑誌などで自分なりに常に研究して試しています。