コンテンツへスキップ

私が初めて理容院で白髪染めをお願いしたのは、30代後半の頃でした。比較的若い年齢から白髪で悩んでいるほとんどの人がそうであるように、鬢の部分や生え際の部分に集中的に生えてくる白髪はその人を全体的に老けた印象にしてしまいます。私も鬢や生え際の白髪が気になって白髪染めを始めましたが、理容院での白髪染めは髪の毛全体を染めるので時間もお金もかかりました。それでも白髪染めをすることによって白髪があるときよりも若々しい印象になることも確かでした。

それから20年近くに渡って理容院での白髪染めを継続していますが、ここ数年で白髪だけでない悩みも出てきました。それはまだ薄毛とまで言えないものの、頭髪全体の傾向として髪の毛のボリュームが減ってきたり、髪の毛の太さが細くなって来ていることです。このままではそれほど時間がかからないうちに薄毛の状態になってしまうことはほぼ確実と言っていいでしょう。もちろん、薄毛になっていくのを手をこまねいて放置しているだけでなく、育毛などを実践していますがそこで気になるのが白髪染めによる髪の毛と頭皮へのダメージなのです。

白髪染めはヘアーカラーのような強い毛染め剤を利用しているわけではないと聞いていますが、それでも髪の毛や頭皮に対するダメージがないわけではありません。白髪がいいのか、薄毛がいいのか二者択一を迫られているようです。年齢的にも白髪があってもそれほど老けた印象にはならなくなってきているのも事実でしょう。つまり白髪染めを卒業しても、大きな違和感を感じることはないと思われます。ただ20年にも渡って続けていた白髪染めですから、急に止めてしまうということにも決断がつかない状態なのです。

もうしばらくは白髪染めを継続しようとは思っています。しかし、そう遠くない将来に白髪染めを卒業することになるでしょう。

私の薄毛のタイプは、いわゆるM字ハゲと呼ばれるタイプのものです。
そのため、前髪を下ろしていれば、薄毛だと一目でバレるような事はありません。

大学生の頃になると、かなり薄毛が進行し、ただ前髪を下ろすだけでは、薄毛を隠す事が難しくなってきました。
そこで、ハードスプレーを使って、薄毛を隠すよう工夫をするようになりました。

前髪を長く伸ばすのはもちろんですが、サイドの髪や後頭部の髪などを巧みに利用して、前髪を作って行きます。
いわば、自分の髪を使って、カツラを作っているようなものです。
最初は難しく、時間がかかりましたが、慣れてくると30分程度で、薄毛には見えず、それでいてカツラのようにも見えない、ヘアスタイルを作れるようになりました。

ただし、スプレーで作ったヘアスタイルには弱点があります。
それは「強風に弱い」という点です。
強い風が吹く日の屋外では、私のヘアスタイルは風にあおられて、カツラがはずれるように、薄毛が全開になってしまうリスクがあります。
そのため私のキャンパスライフは、できるだけ室内で楽しむ事が宿命づけられていました。

ある日の飲み会で、事件が起こりました。
居酒屋の中に入ったら、室内のテーブルがいっぱいで、外のテラス席を案内されました。
雰囲気の良いテラス席だったので、みんな「むしろこっちで良かった」と言っています。

私だけ室内の席にこだわるのも不自然ですが、屋外の席は風が心配です。
「乾杯だけして、帰ろう」と思って飲み始めました。
しかし一杯ビールを飲んだら、テンションが上がってしまい、自分の髪の事、風の事などを忘れてしまいました。

一時間ほどした頃、一緒にいる女子の目線が、私の頭に集中している事を知った時、私は「しまった」と思いました。
急いでその場を立ち去り、トイレの中の鏡を見たところ、ずるむけ状態になっている事がわかりました。

いつの間にか強風にあおられていたようです。
その日以来、そのコミュニティの飲み会には参加をしていません。

私は、すっごいくせ毛です。当然のことですが生まれた時からずっとこの髪の毛とつきあってきましたが、直毛の人が羨ましくて羨ましくて仕方ありません。朝起きて、髪の毛が爆発しているときの不幸ってありますよね。くせ毛だと、ほぼ毎日爆発です。髪をくくっても、チリチリあほ毛が不潔に見えるんです。

くせ毛で一番困ることと言えば、この不潔感です。まっすぐの人だったら、後ろでくくっているだけで清潔に見えますが、くせ毛は、とにかくチリチリあほ毛が、あっちこっちから顔をだすのでみっともないんですよね。で、ワックスなどであほ毛対策をするんですが、そうすると今度は、ガチっとしてしまってなんだか、お固い印象になってしまいます。遊びがないんですよ。女性って、後れ毛が魅力だったりするじゃないですか。後れ毛なんて、サラ~っとしているからいいのであって、チリチリあほ毛じゃぜんぜん魅力的じゃありません。

ストレートパーマは1週間で無駄になります。縮毛矯正で1ヶ月ですね。縮毛矯正を1か月に1回もかけていると、ものすごく髪が傷みますので、余計に不潔になります。そして何より、すっごいお金がかかりますよ。高いんです縮毛矯正!天然パーマなんだから、パーマ代いらないでしょって言われるんですけど、右と左と違う方を向いているので、ちっともきれいではないし、チリチリしているので、可愛くないんです。サラ~っとした髪の毛がいいです。私も、何を血迷ったのかパーマをかけたことがあります。1度だけ。でも、1週間したら元のくせが勝って、元の木阿弥。お金無駄にしたわ~って思いました。

くせ毛だと、髪が膨らんでこまるのですが、私の場合、髪の量もすごく多いんです。だから、すんごい頭が大きくなるんですよ。これって、損だと思います!世の中小顔ブームじゃないですか、髪の毛で頭がでかくなるって、そんなの損すぎです。

とりあえず、今は、髪を伸ばしてできるだけまとめるようにしています。お風呂上りに、濡れたままストレートアイロンでがっちり伸ばして毛先だけ巻いて寝るんです。なんで、こんなにお世話にかかる髪の毛なんでしょ。

でも、最近、更年期をすぎてよかったことが1つだけあります。みんな、髪の毛が細くなったり薄くなったりするんですけど、私は、もともと髪が多かったので、ちょうどそのあたりはよくなりました。

みんなボリュームが出なくて困っていますが、私は大丈夫。それだけが救いの髪の毛ですね。

友人が脱毛サロン通ってたのがきっかけで20歳ごろから脱毛に興味持ったのです。私も通いたいと思いましたが、脱毛完了まで数年かかったりして面倒だとおもって脱毛踏み切れませんでした。ですが、27歳になり当時脱毛サロン通ってた友人のすべっとした肌を見えせたら私も若いうち通って置けばよかったと後悔しました。

そして、20代のうちと思ってその友人通ってた脱毛サロンいさっそく相談しに行ったのです。そして、いったのはミュゼで脱毛サロンたくさんありますが、友人が過去通ってたといった安心感や、今すべすべ肌になっているといった事実を目の当たりにしていて、ほかの脱毛サロンと比較することなくミュゼを競らびました。脱毛サロンより価格、サービス内容など様々ですが、肌に負担かけてしていきますから何より一番に安全面重視し脱毛サロ狙部のが大事です。

そして私はミュゼが家の近くに2店舗あるというかよいやすさ、契約時していた全身脱毛半額キャンペーンも決定後押しになったのです。そして、どうせ脱毛サロン通うのなら全身脱毛をと決めていて顔以外すべての部分脱毛してます。コース決定のときカウンセリングで全身すべすべ目指すなら15~18回コースがおすすめといったことでしたが契約途中回数増やすこともできるようでまず12回コースの契約結んだのです。

そして、全身脱毛施術はまず自己処理から始まって脱毛予約日前日自分で全身シェービングしなくてはなりません。当日脱毛スタッフが処理してくれて自己処理不要。そして腕、おなかやわきなど割と簡単にシェービングできますが、手が届きにくいところで硬い毛が多いデリケートゾーンはちょっと大変でした。脱毛前日毎回風呂で自分の毛と格闘してシェービングをしていきます。


脇のムダ毛は、友人たちと比べてもあまり多い方ではないのでカミソリで剃るまでもなく、ムダ毛が気になった時にチョイチョイと毛抜きで抜くだけで綺麗なすべすべ脇になっていたので、その方法でのケアを10年以上続けていました。ところが昨年、いつものように毛抜きでムダ毛を抜いていたら皮膚の下に黒いものが写っていることに気づきました。それがなんだか最初はわからなかったのですが、脇をじっくりと見て見ると2、3箇所そういう黒いものがうっすらと透けているのです。その当時は埋没毛については知識が全くありませんでしたが、ネットで脇の皮膚の下の黒い影がなんであるかをネットで検索してみたら、初めてそれが埋没毛であることがわかったのです。

埋没毛は無理な脱毛方法を長年行うことによって毛根に負担がかかってしまって、皮膚の表目にムダ毛が生えてこなくなる症状なのだそうです。特に毛抜きでムダ毛処理をしている時に多く現れるものらしいです。もちろんカミソリなども皮膚に大きな負担をかける処理方法なので、これも埋没毛の大きな原因になるそうです。

埋没毛が3箇所前後脇にできてしまって、脇を綺麗に脱毛しているのにその黒い影が目立ってしまい自分でも気になって仕方がなくなってしまいました。とりあえずライターの火で消毒をした針の先っぽで、埋没毛のあるところに少しだけさしてすくうようにしてみたら、ニュルッと埋没毛が針先に引っかかって出てきました。本当はこういう対処方法もあまり良くないのですが、とにかく埋没毛を全部表面に出したかったので針での処理を続けました。同時に毛抜きでのワキ脱毛はやめて脱毛クリニックで脇脱毛の施術をしてもらいました。

脱毛クリニックなら1年に5回のレーザー照射をしてもらうだけで、ほぼ永久脱毛になりました。そして脱毛完了してからほどなくして埋没毛は全くできなくなりました。こんなに手軽ならもっと早く脇の脱毛をしてもらえば良かったです。

生えてきてしまうのは仕方がないとはいえ、処理が非常に面倒くさいのがVIOラインのムダ毛です。他の体毛であればカミソリでささっと剃ってしまえますが、毛が太くて濃い上に皮膚が薄くて粘膜がすぐに傷ついてしまうというのが非常に厄介で、しかも処理してもすぐにチクチクした毛が生えてきてしまいます。伸びかけの毛と下着が擦れてゴワゴワしてしまうこともありますし、快適な状況を作るのが非常に難しい部位なのです。

かくいう私も広い範囲に生えたVIOラインのムダ毛の処理に長年辟易してきており、かといってまったく手をつけずにいると下着からはみ出してしまう長い毛にどうにか見た目を整えたいと思っていました。また、夏場には蒸れてしまってニオイも気になります。

そこで、脱毛サロンに行くのもいまいち勇気が出なかったことから、思い切って家庭用光脱毛器を購入しました。全身のムダ毛ケアができますし、一人で照射ができるのなら恥ずかしさとは無縁です。ただ、ネットの口コミを見ると比較的肌に優しい光脱毛でも痛い、刺激が強いという声が多かったのでその点は少し心配でした。ですので、照射をする時には保冷剤でキンキンに冷やすこと、照射後もやはり冷やして火傷には十分に注意をしながら少しずつ処理をして対応していきます。

Vラインはそれほどではありませんが、確かに他よりも皮膚の色が濃いIOラインは最初大変でした。ただ、定期的な処理を続けて半年も経ってくると、再生してくるムダ毛の量が減ってくるので痛みも比例して少なくなっていきます。

ケアを開始してから三年ほど経っていますが、今では月に一回ほど伸びてきたムダ毛を処理するだけで、ツルツルをキープしています。カミソリで皮膚を傷つけてしまう危険も、照射で強い刺激を感じることももうありません。生理時や暑い時の蒸れやニオイがなく、下着の中は非常に快適になりました。

私は生まれつきなのかわかりませんが、小さな頃から髪の毛が薄いです。普段は特に気になりませんが、雨が降って髪の毛が濡れると頭皮が透けて見えます。小さな頃は特に気にしていませんでしたが、大きくなっていくにつれて周りの友達に指摘されるようになりました。それがすごく嫌でスカルプDなどの育毛シャンプーに手を出したり、育毛体験をしにいったりしました。

それでも状況は変わらず、お金もないのでこのまま生活しています。大人になって社会人になったので、人前で髪の毛が濡れる機会はほとんどありませんが、海やプールへは足が重くてなかなか行こうと思えません。それに増して最近ではおでこも少し広くなってきた気がします。このまま薄毛が進行していくのが不安でたまりません。薄毛というだけで自信がなくなります。

どれだけ良いことやかっこいいことをしていても薄毛なだけでそこが気になって、周りからどう思われているのかばかり考えてしまいます。よくそんなの気にすることではないと言われますが、当人からするとそうもいってられません。薄毛なだけで恋愛対象から外れることもありますし、この先結婚できるかとても不安です。

もちろんそれだけで決めるわけではないと思いますが、友人たちの話を聞くと薄毛の人と結婚はできないという人が多いるのも事実です。外国人のように濃い顔立ちで薄毛でもカッコいい人はたくさんいますが、私は典型的な日本人の薄い顔で薄毛だとすごくだらしないし汚いです。

今は日々、自分にできることをやっています。シャンプーはしっかりと丁寧に爪を立てずに洗いお湯でしっかり流します。お風呂後は頭皮マッサージをしてドライヤーでしっかり乾かします。これだけで薄毛が解消されることはないと思いすが、何かやらないと不安で仕方ありません。もっとお金があれば薄毛治療したいです。